猫

猫の診療

「動物行動学」「しつけインストラクター」の経験に基づき、
ネコちゃんに安心して診察を受けていただけます。

ペットの未来クリニックでは、歯科・口腔外科、耳鼻科、皮膚・アレルギー科、動物行動学などの専門科目の知識と経験を活かして、総合的な診断に基づいて治療にあたります。
また院長の長年の「しつけインストラクター」としてのスキルや経験、動物行動学の知見を活かして、ネコちゃんがしっかりと診察を受けられるよう、安心した心理状態に導いた上で、診察に入ります。
診察を怖がるデリケートな猫の飼い主さんも、安心してネコちゃんをお連れください。

初めての方へ

猫を外へ連れ出すのは本当にたいへんなことです。「病院に連れて行く準備だけで、とても時間がかかってしまいました」というお話しもよく聞きます。猫はふだん見慣れないものや風景を見ると興奮したり、怖がったりしてしまいます。そうなるとパニックを起こして事故やトラブルなどに巻き込まれかねません。ご来院の際は、ネコちゃんを「洗濯ネット」に入れた上でお連れいただくことをお勧めします。やや大きめの洗濯用ネットに入れて、ペット専用のキャリーバッグ、もしくはチャックで完全に閉まる、柔らかいタイプのナイロンかばんの中にタオルを敷いて、洗たくネットに入れた猫をそこにやさしく入れてください。猫が複数いる場合は一匹ずつネットに入れ、仲良し同士なら同じバッグに入れて連れてきていただいても構いません。連れ出す時のバッグを出しっ放しにしておいたり、ネコちゃんを時々ネットの中に入れたりして普段から慣らしておくこともお勧めです。それでも心配な方は、事前に安定剤の投与もご提案可能です。ご自宅で体重を測定した上で、飼い主さんだけで来院の上ご相談ください。
また、来院する際にはぜひ事前に問診票を記入してお持ちください。診察前に目を通しておくことで、よりスムーズにより的確な診断ができます。ぜひ、ご記入の上、お越しください。

15歳は、猫の寿命ではありません。「歳だから」と、あきらめないであげてください。

ペットの未来クリニックでは、子猫の頃から連れて来られていない、新患のネコちゃんの多くは、なんと15歳を過ぎた猫たちです。その来院理由のほとんどは、「食欲が無くなったから」です。吐くことも、下痢をするわけでもないため、「もう歳だからかな?」と思いながらも念のため、「歳のせいなのか、別の理由なのか診てもらおうと思って来ました」と連れてこられる方が多いのです。よその動物病院より高齢猫が多いのは、その大部分のネコちゃんの歯が悪いことから、歯科治療も兼ねてという理由もあるようです。「もう高齢だから、麻酔をかけての歯の治療も難しい」と様子を見てくださいと言われていた飼い主さんもいます。
一般的な動物病院の診療では、猫が食事を採らないだけで、血液検査やレントゲン、エコー検査で異常が認められない場合は、とりあえずそのまま家で様子を見てもらうことが少なくないようです。猫の場合は精神的なことから食欲不振になることもありますから、診断は犬よりも難しいのは確かです。とはいえ、様子を見ながらネットで何か当てはまる病気は無いか探しているうちに、その子がもっと弱ってしまい、ネットで目にした当クリニックにあわてて連れてこられるケースもしばしばあります。

ネットで病気が判るなら獣医師は不要です。変だと思ったら、早めにお連れください。

猫は食べられない時期が3日以上続くと、3管炎になると言われています。体内では肝臓、胆嚢、膵臓が近くにあるため、1カ所の炎症が他の臓器に飛び火することもあります。少しでも様子がおかしいと思ったら、ぜひ早めにお連れください。 食欲が無い場合は、3時間ほど吐かないようなら食べさせないといけないのですが、食べてくれなかったり、お水すら飲んでくれないこともあります。そんな時は、世話をするお家の方は心が折れそうになると思います。「かわいそうで見ていられないから」と治療を諦めようとされる方も中にはいらっしゃるほどです。私たちの仕事は、そんな飼い主さんを応援することです。
まずは、猫が食事を採ってくれるようにアドバイスさせていただきます。そして、飼い主さんとよくお話をして、お気持ちを理解しながら、その子にとってどのような治療が良いのかを動物行動学など、さまざまな専門科目の知識と経験を活かして総合的に診断。最適な方法を見極めて診療に当たらせていただきます。

入院ではなく、ご自宅でケアできるように、ご指導させていただきます。

治療にあたっての私たちの基本方針は、入院は極力避けて、ご自宅で必要なケアが十分できるようにご指導させていただくことです。また、その子がどんな様子になった時に病院へ連れて来たほうが良いかをお伝えし、飼い主さんご自身が“ご家庭常勤の看護士さん”になっていただけることを目指しています。猫は、ご家族以外の人間にケアされることや、知らない場所で過ごすことを嫌います。できるだけご自宅でケアができるように、飼い主さん、お家の方をしっかりサポートさせていただきたいと思います。

ペットの未来クリニック

〒662-0928 兵庫県西宮市石在町10-27(用海筋沿い、東三公園斜め前、東町バス停前)

TEL:0798-20-5876

TEL&FAX:0798-22-7188

受付時間は診療時間内となります(下記参照)

〈車でお越しの方〉

武庫川沿いの西宮宝塚線を南に直進して武庫川大橋を右折、国道2号線を直進して津門を左折、国道43号線を用海で左折・直進、東三公園前です。

●駐車場は医院前に2台分のスペースがあります。
満車時は病院前通り(用海通)・病院より北側(日本盛本社の斜め手前)のコインパーキングか、周辺の有料駐車場をご利用ください。
駐車場の券をご提出くだされば、1時間分の駐車料金をお出しいたします。受付で駐車場券をご提示ください。

●もしくは、携帯電話番号をお聞きしますので、公園前にて待機いただく形でお願いいたします。(受付までお申し出ください。TEL: 0798-20-5876

診療時間
9:00~12:00
手術
(予約診療)
13:00~16:00
手術
(予約診療)
13:00~17:30
16:00~19:00 予約診療
18:00~20:00
診療時間
9:00~12:00 手術
(予約診療)
13:00~16:00
16:00~19:00
手術
(予約診療)
13:00~17:30
予約診療
18:00~20:00

・診療受付は、終了時間30分前までにお願いします。

・予約診療は、前日までにお電話でご予約ください。

休診日:月曜・祝日

予約診療について
他の動物を怖がる場合や、カウンセリングをお受けになる場合は、予約診療を受け付けています。
予約診療の時間は上記の通り設定しておりますが、手術が優先となるため、ご予約のお電話をいただいた際に、手術の終了予定時間をお知らせして、ご来院いただく時間を決めさせていただきます。
あらかじめご了承の上、前日までにお電話にてご予約ください。
近くの夜間救急動物病院ご紹介
当クリニックは、夜間の診療は行っておりません。診療時間外は、夜間救急動物病院をご利用ください。
その際は、必ず電話してから向かっていただくようお願いします。
近くの夜間救急動物病院のご紹介
クレジットカード利用のご案内
Visa、Mastercardのみ取り扱いしております。
その他のカードのご利用は、受付でご相談ください。
visamaster card
  • ペットの未来クリニック 公式Facebook
  • ペットの未来塾
  • ペットの未来クリニック オンラインショップ
  • ペットの未来クリニック 公式LINE
pagetop